ページの本文へ

Hitachi

自治体向けソリューション

導入事例:宮城県蔵王町

「ADWORLD」シリーズを総合的に運用し、スムーズな介護保険関連業務を実現

3 「ADWORLD 介護保険システム」で初任者にもやさしい操作環境を提供

ADWORLD 介護保険システム」の機能について、同課 主事の堀内 愛恵氏は「このシステムを使い始めてから、ストレスを感じたことは一度もありません。必要な機能がすべてそろっていますし、被保険者の情報が常にわかりやすく表示されるので、保険料減免や給付制限、滞納情報の有無などもひと目で把握することができます。介護認定ソフト(*)の情報ともシームレスに連携できるなど、滞りなく業務が行えるのがうれしいですね」と評価します。

また、制度が年々複雑化する介護保険関連業務に対し、初任者でもすぐに使えるわかりやすい操作環境を提供しているのもシステムの大きな特長の一つです。使いやすさを左右する画面デザインでは、視覚的に見やすくわかりやすい配色を施し、各画面のレイアウトをそろえることで操作性を統一。重要な操作項目はボタンや文字の大きさを変え、操作ミスや入力ミスを防止しています。

「保健福祉課に配属されてまだ4か月ですが、次にどの処理を行えばいいのかが直感的にわかる画面のおかげで、一通りの操作を自然に覚えることができました」と、同課 主事の井上 和紀氏は笑顔で語ります。

このほかにも「ADWORLD 介護保険システム」は、同時に複数の被保険者情報を確認でき、急な問い合わせにもスピーディーに対応可能な「サテライトウィンドウ機能」、自治体固有の運用ルールや、注意事項といった電子文書をオンライン画面から呼び出すことができる「iボタン機能」などを備えており、日々の業務を強力にアシストしています。

*
厚生労働省から提供される「認定ソフト2009(SP4)」

特記事項

  • 2016年11月1日 株式会社 日立製作所 ICT事業統括本部発行情報誌「はいたっく」(株式会社 日立ドキュメントソリューションズ印刷)掲載
  • 本事例中に記載の内容は初掲載当時のものであり、変更されている可能性もあります。詳細はお問い合わせください。
  • 事例は特定のお客さまでの事例であり、すべてのお客さまについて同様の効果を実現することが可能なわけではありません。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

他の導入事例も見る

[イメージ]自治体向けソリューションについて、他の事例をご覧になる場合は、課題・キーワード・概要が一覧できる導入事例一覧をご参照ください。

自治体向けソリューションについて、他の事例をご覧になる場合は、課題・キーワード・概要が一覧できる導入事例一覧をご参照ください。
導入事例一覧はこちら

ADWORLD 介護保険システムの各種お問い合わせを受け付けております

製品へのお問い合わせ

製品の詳細・見積などお気軽にお問い合わせください。

カタログ請求

お申込み完了後、カタログ/資料を郵送いたします。