ページの本文へ

Hitachi

自治体向けソリューション

導入事例:宮城県蔵王町

「ADWORLD」シリーズを総合的に運用し、スムーズな介護保険関連業務を実現

2 介護保険システムをはじめとするADWORLDシリーズを導入

人口約13,000人を抱える宮城県蔵王町は、東北の霊峰・蔵王連峰の東麓に広がる豊かな水田地帯に加え、丘陵地を利用した果樹栽培も盛んで、梨の生産量は県内ナンバーワンを誇ります。高原育ちの乳牛からとれる新鮮な牛乳で作るチーズなどの乳製品も全国的に人気があり、四季折々の美しさと楽しみ方が広がる観光地として知られています。

町の行政を担う蔵王町役場では長年にわたり「日立 自治体ソリューション ADWORLD」を利用。介護保険をはじめ住民記録、国民健康保険、児童手当、医療費助成、後期高齢者医療といった幅広い業務を連携させながら、住民への窓口対応を迅速かつ高効率に展開してきました。介護保険制度が施行された2000年4月から「ADWORLD 介護保険システム」を活用している保健福祉課課長の宍戸 光晴氏は「高齢者福祉サービスの効果的な実施や介護保険関連業務の円滑な推進を行うために、介護保険システムは重要な役割を担います。そこで町役場全体で導入実績があり、事務処理を効率化できる日立の製品を採用しました」と語ります。

蔵王町の介護保険事業の状況について同課 主幹の佐藤 美佳氏は「高齢化率はすでに住民数あたり32%に達しています。今後も確実な介護保険事務を通じて高齢者や家族の生活を支える必要があるため、町では地区活動として介護予防に力を入れています」と説明します。

[イメージ]宮城県蔵王町の主なシステム概要
宮城県蔵王町の主なシステム概要

特記事項

  • 2016年11月1日 株式会社 日立製作所 ICT事業統括本部発行情報誌「はいたっく」(株式会社 日立ドキュメントソリューションズ印刷)掲載
  • 本事例中に記載の内容は初掲載当時のものであり、変更されている可能性もあります。詳細はお問い合わせください。
  • 事例は特定のお客さまでの事例であり、すべてのお客さまについて同様の効果を実現することが可能なわけではありません。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

他の導入事例も見る

[イメージ]自治体向けソリューションについて、他の事例をご覧になる場合は、課題・キーワード・概要が一覧できる導入事例一覧をご参照ください。

自治体向けソリューションについて、他の事例をご覧になる場合は、課題・キーワード・概要が一覧できる導入事例一覧をご参照ください。
導入事例一覧はこちら

ADWORLD 介護保険システムの各種お問い合わせを受け付けております

製品へのお問い合わせ

製品の詳細・見積などお気軽にお問い合わせください。

カタログ請求

お申込み完了後、カタログ/資料を郵送いたします。