ページの本文へ

Hitachi

自治体向けソリューション

導入事例:大分市民図書館

ICタグで利用者サービスを向上する「ADWORLD 図書館情報総合システム」

2 本館・分館も含めた15か所に約70万冊の蔵書を配置

JR大分駅から徒歩約2分。2013年7月にオープンした複合文化交流施設「ホルトホール大分」の1、2階に本館を構える大分市民図書館は、市民がいつでも気軽に立ち寄れ、さまざまなジャンルの本との出会いが楽しめるくつろぎの空間です。エントランスホールから続く開放的な1階には、情報誌や文庫本、雑誌・新聞などを中心に配架。明るい吹き抜けで続く2階には、一般書や児童書、郷土資料などが並び、ゆったりとした閲覧席と学習席が多数確保された滞在型空間となっています。

「大分市民図書館は最新設備を備えた本館と、木製の書架やテーブルで落ち着いた雰囲気のあるコンパルホール分館(1986年開館)のほか、どの地域に住む方々にも本に親しんでいただきたいという思いから、11の地区公民館と二つの行政センター、計15か所に約70万冊の蔵書を分散配置しています」と説明するのは、館長の安部 光氏です。

各施設はネットワーク化されており、窓口やインターネットで借りたい本を予約すると、どの施設からも本を貸りることができ、また返却も可能となっています。しかし蔵書数と利用者数が年々増加する中、多くの施設間を移動する蔵書を確実に管理し、業務効率とサービスレベルの向上を図るには、1冊1冊の情報を手作業で読み取る必要がある従来のバーコード管理では限界がありました。そこで本館オープンに合わせて導入されたのが、ICタグ管理機能を備えた日立の自治体ソリューション「ADWORLD 図書館情報総合システム」でした。

[写真]複合文化交流施設「ホルトホール大分」
複合文化交流施設「ホルトホール大分」

特記事項

  • 2015年11月1日 株式会社 日立製作所 情報・通信システム社発行情報誌「はいたっく」(株式会社 日立ドキュメントソリューションズ印刷)掲載
  • 本事例中に記載の内容は初掲載当時のものであり、変更されている可能性もあります。詳細はお問い合わせください。
  • 事例は特定のお客さまでの事例であり、すべてのお客さまについて同様の効果を実現することが可能なわけではありません。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

他の導入事例も見る

[イメージ]自治体向けソリューションについて、他の事例をご覧になる場合は、課題・キーワード・概要が一覧できる導入事例一覧をご参照ください。

自治体向けソリューションについて、他の事例をご覧になる場合は、課題・キーワード・概要が一覧できる導入事例一覧をご参照ください。
導入事例一覧はこちら

「ADWORLD 図書館情報総合システム」の各種お問い合わせを受け付けております

製品へのお問い合わせ

製品の詳細・見積などお気軽にお問い合わせください。

カタログ請求

お申込み完了後、カタログ/資料を郵送いたします。

[リンク]日立 自治体ソリューション ADWORLD(アドワールド)

製品へのお問い合わせ カタログ請求

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。

[リンク]自治体ICT応援サイト「CyberGovernment Online」へ [リンク]日立 自治体向けメールマガジン

他の導入事例も見る