ページの本文へ

Hitachi

自治体向けソリューション

導入事例:愛媛県 松山市

操作しやすく、他システムとの連携に優れた介護保険システムで、住民サービスを向上

2 全体最適の観点から基幹システムのオープン化を考える

保健福祉部 介護保険課 課長の尾ア 富士夫氏は導入経緯を次のように振り返ります。

「当市では長年、メインフレーム上で住民記録や税、介護といった業務システムを利用していました。全体最適の観点から業務システムをオープン化するにあたり、共通基盤の導入を検討するとともに各業務システムは、あらためて当市の要件に最も適したものを導入することになりました。われわれ介護保険課は、他システムとの連携や操作性、機能、画面の見やすさなどを評価ポイントに検討を行い、日立さんのADWORLD 介護保険システムが最も優れていると判断しました」

[イメージ]松山市に導入されたシステムの概要
松山市に導入されたシステムの概要

特記事項

  • 2014年3月1日 株式会社 日立製作所 情報・通信システム社発行情報誌「はいたっく」(株式会社 日立ドキュメントソリューションズ印刷)掲載
  • 本事例中に記載の内容は初掲載当時のものであり、変更されている可能性もあります。詳細はお問い合わせください。
  • 事例は特定のお客さまでの事例であり、すべてのお客さまについて同様の効果を実現することが可能なわけではありません。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

ADWORLD 介護保険システムの各種お問い合わせを受け付けております

製品へのお問い合わせ

製品の詳細・見積などお気軽にお問い合わせください。

カタログ請求

お申込み完了後、カタログ/資料を郵送いたします。

[リンク]日立 自治体ソリューション ADWORLD(アドワールド)

製品へのお問い合わせ カタログ請求

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。

[リンク]自治体ICT応援サイト「CyberGovernment Online」へ [リンク]日立 自治体向けメールマガジン