ページの本文へ

Hitachi

自治体向けソリューション

導入事例:滋賀県草津市

教員の指導力向上と負担軽減を両立する教育コンテンツ活用システム

2 優れた教材を市全体で共有したい

雄大な琵琶湖などの自然に囲まれ、滋賀県第2位の人口を有する草津市は、公立小中学校全20校の授業に電子黒板やタブレット端末をいち早く取り入れたICT教育の先進自治体として知られています。2009年以降、校内LAN・校内PC・電子黒板・デジタル教科書などを全校に配備してきた草津市は、教員約800名が教材や学習指導案などを共有できる総合教材ポータルサイト「たび丸ねっと」を2016年4月、新たに構築しました。

「電子黒板やタブレット端末が活用され始めて以降、教員が独自に作成してきた教材やコンテンツは、校内での利用に限られ、広く市全体で共有されていませんでした。そこで、教員が作った優秀な教材や資料を何とか市の財産として共有できないかという思いがつのり、今回の総合教材ポータルの誕生につながったのです」と語るのは、草津市教育委員会事務局 学校政策推進課 課長の髙井育夫氏です。髙井氏によれば、コンテンツの共有構想には「優れた教材の利活用による指導力向上」に加え「多忙な教員の負担軽減」という、もう一つのねらいもあったといいます。

「ご存じのように近年は、公立学校の教員が部活動の指導や保護者への対応、教材研究や事務作業などで非常に多忙であることが社会問題の一つとなっています。ならば、すでに完成され実績もある教材を、そのままあるいは若干のカスタマイズでスピーディーに活用できれば、教材研究や授業準備の負担が少しでも減らせるのではないか。そう考えたのです」と髙井氏は続けます。

特記事項

  • 2016年9月1日 株式会社 日立製作所 ICT事業統括本部発行情報誌「はいたっく」(株式会社 日立ドキュメントソリューションズ印刷)掲載
  • 本事例中に記載の内容は初掲載当時のものであり、変更されている可能性もあります。詳細はお問い合わせください。
  • 事例は特定のお客さまでの事例であり、すべてのお客さまについて同様の効果を実現することが可能なわけではありません。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

他の導入事例も見る

[イメージ]自治体向けソリューションについて、他の事例をご覧になる場合は、課題・キーワード・概要が一覧できる導入事例一覧をご参照ください。

自治体向けソリューションについて、他の事例をご覧になる場合は、課題・キーワード・概要が一覧できる導入事例一覧をご参照ください。
導入事例一覧はこちら

教育コンテンツ活用システムの各種お問い合わせを受け付けております

製品へのお問い合わせ

製品の詳細・見積などお気軽にお問い合わせください。

カタログ請求

お申込み完了後、カタログ/資料を郵送いたします。

カタログダウンロード

カタログPDFをダウンロードして閲覧いただけます。

製品へのお問い合わせ カタログ請求 カタログダウンロード

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。

[リンク]自治体ICT応援サイト「CyberGovernment Online」へ [リンク]日立 自治体向けメールマガジン

他の導入事例も見る