ページの本文へ

Hitachi

自治体向けソリューション

導入事例:さいたま市

自治体業務の正確性・効率向上とコスト削減を支援する「ADWORLD 文書管理システム」

3 現場からの要望を的確に反映

「機能の追加や使い勝手向上に関するユーザーからの要望を総務課と一緒に検討し、日立に反映してもらうことで機能強化してほしいとお願いしてきました。結果として非常に満足のいくものができたと思います」と市民局 市民生活部 情報システム課 主任の國井 正和氏は笑顔で語ります。その一例として挙げられるのが、現場から好評だという「一時保存機能」です。

「市役所では市民の皆さまへの窓口対応や電話応対などで業務中に席を外すことがよくあります。従来は作業中の文書をそのまま放置しておくとタイムアウトとなり、また最初から作業をやり直さなければなりませんでした。しかし今回新たに一時保存機能が加わったことで、離席してもすぐに業務を再開でき、作業中だったことを忘れてしまうリスクが減ったと喜ばれています」と近藤氏は語ります。

こうした作成途中の案件などを画面上で一覧表示するのが「処理中文書一覧画面」です。新たに搭載されたこの画面は、未処理案件の残量や案件ごとに必要な処理は何かといった処理状況を一目で把握することができます。チェックリスト形式のため処理忘れの心配もなく、担当者や件名、年度などで必要な文書を容易に検索できるのも特長です。

「処理中文書一覧画面では、これまで別々のメニューに分かれていた文書の“決裁”と“完結”が同じ画面上で見渡せるため、以前のように決裁はしたが完結を忘れてしまうようなケースがなくなりました」と國井氏は付け加えます。

特記事項

  • 2015年9月1日 株式会社 日立製作所 情報・通信システム社発行情報誌「はいたっく」(株式会社 日立ドキュメントソリューションズ印刷)掲載
  • 本事例中に記載の内容は初掲載当時のものであり、変更されている可能性もあります。詳細はお問い合わせください。
  • 事例は特定のお客さまでの事例であり、すべてのお客さまについて同様の効果を実現することが可能なわけではありません。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

他の導入事例も見る

[イメージ]自治体向けソリューションについて、他の事例をご覧になる場合は、課題・キーワード・概要が一覧できる導入事例一覧をご参照ください。

自治体向けソリューションについて、他の事例をご覧になる場合は、課題・キーワード・概要が一覧できる導入事例一覧をご参照ください。
導入事例一覧はこちら

ADWORLD 文書管理システムの各種お問い合わせを受け付けております

製品へのお問い合わせ

製品の詳細・見積などお気軽にお問い合わせください。

カタログ請求

お申込み完了後、カタログ/資料を郵送いたします。

[リンク]日立 自治体ソリューション ADWORLD(アドワールド)

製品へのお問い合わせ カタログ請求

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。

[リンク]自治体ICT応援サイト「CyberGovernment Online」へ [リンク]日立 自治体向けメールマガジン

他の導入事例も見る