ページの本文へ

Hitachi

公共ITソリューション

SSL(Secure Sockets Layer)は、インターネットで標準的に使われている暗号化プロトコルです。
該当ページがひらけない場合、現在お客さまがご使用のインターネット接続環境において、この SSL での接続の設定がされていないことが考えられます。

Webブラウザが SSLに対応している必要があります

Netscape Navigator(バージョン3.0以降)や Internet Explorer(バージョン4.0以降) のWebブラウザは、SSLに対応しています。
現在普及しているWebブラウザの多くは SSLに対応しています。

会社や学校などのLAN環境から利用するときは、 ファイアウォールなどの設定によりSSLが使用できない場合があります

社内LAN・イントラネット等から接続される場合に、そのLANの外部ネットへの接続機能 (ルータ、ファイアウォール、プロキシサーバ等)が、インターネットに対してSSLによる接続を通すように設定されていなければ、接続できません。ご所属のLANのネットワーク管理者の方へご確認ください。

ご使用のWebブラウザのProxy(プロキシ)の設定をご確認ください

上記のような環境から接続されている場合、ご使用のLAN環境がSSLに対応していても、ご使用のWebブラウザのプロキシ設定がなされていない場合は接続できませんので、設定をご確認ください。

公共ITソリューションに関する各種お問い合わせを受け付けております

公共ITソリューションへのお問い合わせ

公共ITソリューションへのお問い合わせ

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。

[リンク]自治体ICT応援サイト「CyberGovernment Online」へ [リンク]日立 自治体向けメールマガジン