ページの本文へ

Hitachi

電子行政用語集

Online to Offlineの略。マーケティング用語で、オンライン(ネット)からオフライン(リアル)への導線や双方の連動を意味する。オンラインからの情報発信による集客や、購買行動に影響を与えるような施策のこと。

飲食店の口コミサイトや、クーポンを配信し店舗に誘導する事例などが、わかりやすいものとして挙げられる。最近は、スマートフォンと高速な無線回線の普及で、オンラインへの接続が手軽になったため、ネットとリアルのつなぎが、より活発的に行われるようになってきた。そのため、スマートフォンから取得可能な、位置情報を利用したものなど新しい施策もどんどん出てきている。
自治体での利用としては、位置情報を利用した観光案内や避難所へのルート案内などへの活用が期待されている。

(2013年5月17日)

関連サイト

キーワードで検索する

複数の用語で検索する場合はスペースで区切ってください。

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。

[リンク]自治体ICT応援サイト「CyberGovernment Online」へ [リンク]日立 自治体向けメールマガジン