ページの本文へ

Hitachi

電子行政用語集

コンピューターーシステムの構成要素であるCPU/メモリー/ストレージなどを、仮想的に分割したり統合したりする技術のこと。

仮想化技術は大きく「サーバー仮想化」と「ストレージ仮想化」の2種類に分けられる。
「サーバー仮想化」は、1台の物理サーバー上で複数の論理サーバーを動作させる技術で、それぞれの論理サーバーにCPU、メモリー、I/Oなどのリソースを自由に配分でき、また別々のOSやアプリケーションソフトを動作させることができる。
「ストレージ仮想化」は、相互に接続された複数のストレージ装置を論理的なひとつのストレージであるかのように扱えたり、ひとつのストレージを論理的な複数のストレージであるかのように扱えたりする技術で、ストレージ装置の機能的な差異や個々のディスク容量を意識することなく、一元的な運用管理で柔軟なディスクリソースの配分ができる。

仮想化技術がもたらすメリットとしては、

  • システム構築の迅速化
  • 運用管理のTCO削減
  • リソース管理の柔軟性向上
  • ハードウェア障害からの迅速な復旧

などがあげられる。

(2008年2月12日)

関連用語

仮想化に関する日立製品

キーワードで検索する

複数の用語で検索する場合はスペースで区切ってください。

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。

[リンク]自治体ICT応援サイト「CyberGovernment Online」へ [リンク]日立 自治体向けメールマガジン