ページの本文へ

Hitachi

電子行政用語集

市場化テストを導入して公共サービスの担い手を民間にも開放し、官と民間が競争を行うことで、公共サービスの質の向上と経費削減を図っていくための枠組みを定めた法律。
正式名称を「競争の導入による公共サービスの改革に関する法律」といい、「市場化テスト法」とも呼ばれる。2006年7月7日に施行された。

具体的には次のような内容が定められている。

  • より良質で低廉な公共サービスを国民に提供するという、法律の基本理念および基本方針。
  • 市場化テストの進め方や入札手続、参加資格。
  • 民間事業者が落札した場合に必要な措置(守秘義務、確保すべき質など)。
  • 民間事業者の参入を可能にするための、現行法に対する特例規定。

(2007年1月26日)

関連サイト

関連用語

キーワードで検索する

複数の用語で検索する場合はスペースで区切ってください。

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。

[リンク]自治体ICT応援サイト「CyberGovernment Online」へ [リンク]日立 自治体向けメールマガジン