ページの本文へ

Hitachi

電子行政用語集

ある業務を遂行するための一連の作業の流れや手続きを示す。
ペーパーレス化と業務の効率化を目指すべく、この一連の流れを視覚的に定義して複数の部門や人がかかわる作業の流れをルール化し、コンピューターネットワーク上で処理や支援を行う仕組みをワークフローシステムという。グループウェアの機能として提供されるケースが多く、ワークフローシステムを使うことで、稟議書、交通費の精算、休暇届など、これまで社内の各部門やメンバー間を巡回していた書類を電子データ化し、効率的に処理できるようになる。
電子自治体においては、行政の電子窓口(ホームページ)には住民からさまざまな制度の申請書類がまとめて届けられるため、該当業務ごと担当者に振り分けたり、各届出ごとに審査の進捗状況を把握しておく必要がある。ワークフローシステムは、こうした庁内の内部事務の効率化を支援するツールとして活用されている。

(2003年10月24日)

ワークフローに関する日立製品

キーワードで検索する

複数の用語で検索する場合はスペースで区切ってください。

電子自治体メールマガジン「CyberGovernment Link」

[イメージ]電子自治体メールマガジン

電子政府、電子自治体の話題や関連情報をお届けするメールマガジンです。
第2・第4水曜の月2回お届けいたします。
(祝日の場合は直後営業日になります。テキスト形式での配信です)

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。

[イメージ]電子自治体メールマガジン