ページの本文へ

Hitachi

電子行政用語集

ユビキタス

Ubiquitous

ユビキタス(Ubiquitous)とはラテン語で「いたるところに存在する(遍在する)」という意味。現在ではユビキタスネットワーク、ユビキタス社会といった文脈で利用され、「欲しい情報がいつでもどこからでも手に入る」という意味で用いられている。
ユビキタスネットワークの進展により、新たな市場や雇用の創出、障がい者や高齢者も安心してくらせる生活の実現といったメリットが考えられる。また、ネットワークに接続するための機器もパソコンだけではなく、携帯電話やPDAなどのモバイル機器、さらには情報家電なども想定される。まさにe-Japan重点計画2002に謳われているとおり「すべての機器が端末化する遍在的なネットワークへの進化を目指す」ことで、ユビキタスな情報社会が実現していくものと思われる。

(2003年6月9日)

関連用語

キーワードで検索する

複数の用語で検索する場合はスペースで区切ってください。

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。

[リンク]自治体ICT応援サイト「CyberGovernment Online」へ [リンク]日立 自治体向けメールマガジン