ページの本文へ

Hitachi

電子行政用語集

住民基本台帳のデータを記録したカード。住民基本台帳とは、市(区)町村において、住民票を世帯ごとに編成して作成した台帳のことを言い、1999年の住民基本台帳法改正により、新たに住民票コードが追加された。カードは各自治体ごとに発行される予定で、4桁のパスワードで所有者確認がされる。

(2002年1月25日)

関連用語

キーワードで検索する

複数の用語で検索する場合はスペースで区切ってください。

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。

[リンク]自治体ICT応援サイト「CyberGovernment Online」へ [リンク]日立 自治体向けメールマガジン