ページの本文へ

Hitachi

電子行政用語集

電子自治体の実現に向けて、自治体では各種申請・届出の電子化や行政事務の効率化などが進められている。しかしながら、多くの自治体では厳しい財政状況や人材不足といった問題を抱えている。そういった問題を解消するため、総務省では、複数の自治体による業務システムの開発(共同)と、その運用への民間のデータセンターの活用(アウトソーシング)を推進している。この共同アウトソーシングによって、コスト面などの問題の解消とともに、地域経済の活性化や自治体の業務改革といった効果が考えられている。 2002年5月13日の経済財政諮問会議では、2003年度を目処にフロントオフィス業務の共同化を、2005年度を目処にバックオフィス業務の共同化を進めるとしている。

(2003年6月13日)

共同アウトソーシングに関する記事

キーワードで検索する

複数の用語で検索する場合はスペースで区切ってください。

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。

[リンク]自治体ICT応援サイト「CyberGovernment Online」へ [リンク]日立 自治体向けメールマガジン