ページの本文へ

Hitachi

電子行政用語集

NPO

Non-Profit Organization

「Non-Profit Organization」の略。「非営利団体」「非営利組織」と訳される。
政府や自治体も「非営利組織」と考えられるため、行政機関ではないということを明確にするために「民間非営利団体」と訳すこともある。元々はアメリカで非営利団体全体を指す言葉として使われていた。日本では市民活動団体やボランティア団体を指す場合に用いられることが多いが、一般的に、利益を追求しない団体の総称になる。「非営利」とは無償で活動を行うという意味ではなく、活動で得た利益は関係者に配分することなく次の活動や事業を実施するために使用するということ。
また、1998年に特定非営利活動促進法(通称:NPO法)が施行されてからは、法人格を持つことができなかったNPO(任意団体)が特定非営利活動法人(通称:NPO法人)という法人格を取得することができるようになり、職員の雇用が可能になったり、契約主体になれるなど社会的に認知された団体として位置付けられる。

(2003年11月21日)

キーワードで検索する

複数の用語で検索する場合はスペースで区切ってください。

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。

[リンク]自治体ICT応援サイト「CyberGovernment Online」へ [リンク]日立 自治体向けメールマガジン