ページの本文へ

Hitachi

電子行政用語集

IP電話

Internet Protocol Phone

インターネットで使用されるプロトコル(*1)「IP」を応用した技術「VoIP(Voice over Internet Protocol)」を使って提供される電話サービスのこと。
従来の固定電話は通話ごとに電話間の回線を占有していたのに対し、IP電話はインターネットでのデータのやり取りと同じく、空き回線を選んで音声データを細切れにして送る方式を用いている。このため回線利用効率が非常に良く、低価格でのサービスを行うことが可能となっている。
2002年度からIP電話にも「050」の番号が割り当てられるようになり、さらなる普及が見込まれている。

*1
プロトコル:ネットワーク上で通信するために定められた通信の形式/手順
  • *「IP電話」と「インターネット電話」
    各事業者が専用網を利用してサービスを提供しているものを「IP電話」、一般のインターネット網を経由するものを「インターネット電話」と呼んでいる。「IP電話」は専用網を利用しているためネットワーク遅延などの影響を受けづらく、「インターネット電話」よりも高い通話品質を維持できる。(広義では両者ともIP電話と呼ばれている。)

(2003年12月19日)

関連用語

キーワードで検索する

複数の用語で検索する場合はスペースで区切ってください。

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。

[リンク]自治体ICT応援サイト「CyberGovernment Online」へ [リンク]日立 自治体向けメールマガジン