ページの本文へ

Hitachi

公共ITソリューション

[イメージ]文字情報基盤

導入事例:独立行政法人情報処理推進機構(IPA)

[画面]漢字に触れてみよう‐文字情報基盤プロモーションサイト

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は、2012年6月4日から2013年1月31日までの約8ヵ月間、「漢字に触れてみよう‐文字情報基盤プロモーションサイト‐」(以下、本実験サイト)を公開しています。
本実験サイトでは、IPAが行政機関や民間企業の情報システムで漢字を効率的に扱うために作成した約6万文字のフォント「IPAmj明朝フォント」が使える環境を模擬的な文章作りやゲームを通して体験できるコンテンツを提供します。
キーワード:文字情報基盤Web実証実験、多様な文字を使える環境を体験
(2012年6月4日 公開)
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)の事例はこちら
東京都 江戸川区
「日立文字基盤ソリューション」でオープン/メインフレームでの統一された文字環境を実現
(2008年10月1日 公開)
東京都 千代田区
窓口サービス向上と戸籍事務の軽減を同時に実現
(2002年2月1日 公開)
  • *導入事例のお客さま名は敬称を略させていただきます。

公共ITソリューションに関する各種お問い合わせを受け付けております

公共ITソリューションへのお問い合わせ

公共ITソリューションへのお問い合わせ

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。

[リンク]自治体ICT応援サイト「CyberGovernment Online」へ [リンク]日立 自治体向けメールマガジン