本文へジャンプ

日立無停電電源装置

Hitachi

計画的な蓄電池交換でいつでもフレッシュ

蓄電池交換イメージ

UPSには蓄電池、ファン、フィルタ、ヒューズなど消耗品が含まれています。蓄電池の種類によって交換時期は異なりますので適切な年数にて取り替えをご計画下さい。

寿命が尽きた蓄電池を使っていると・・・

蓄電池寿命イメージ

UPSは普段と変わりなく動き続けますが電源の瞬時停電などが 発生したときにUPSの出力が止まり、データ喪失など取り返しがつかなくなります。 さらに、そのまま使用しますと蓄電池の容器が割れ、中の液が漏れたり、異臭・ 発煙・発火などの二次障害を引き起こす原因となりますので、寿命が尽きる前に交換をお願いします。

蓄電池交換のお問い合わせは・・・

お問い合わせイメージ

UPSの蓄電池交換のお問い合わせは、こちら(資料請求ページ)をご利用いただき、製造番号、形式、容量、納入年月などをご記入ください。 定期交換表示を確認して交換してください。

*
使用済みバッテリーは、「特別管理産業廃棄物」に指定されておりますので、指定された方法で廃棄してください。

地球環境に配慮した
日立UPS

省エネルギー、CO2排出量の削減、ランニングコスト低減など地球環境の視点に立って取り組んでいます。

地球環境に配慮した日立UPS